ルテインはなぜ目に良いのか

ルテインが目に良い理由

視機能回復や眼病予防の最適なサプリメントとしてルテインが配合されているものが人気を集めています。

 

ルテインは、カロドノイドの一種となっており、動物や植物などに存在する成分です。
強い抗酸化力があるのも特徴の一つです。

 

体内のサビでもある活性酵素を除去したり眼病予防のみならず生活習慣病を予防する効果も期待できます。

 

ルテインには、抗酸化作用のほかにも有害な光を遮る作用があります。

 

強力な抗酸化作用により老眼の進行を遅らせることができたり、スマートフォンやパソコンなどの青い光など有害なものから目をしっかりと守ってくれます。

 

知らず知らずのうちにルテインが不足してしまうと、白内障や加齢黄斑編成症などの眼病に悩まされてしまうこともあります。

 

白内障は、水晶体が白く濁ってしまい視力が低下してしまいます。

 

このようなトラブルを避けるには、サプリメントからルテインを進んで摂取することが欠かせません。

1日に必要な摂取量とは

ルテインのサプリメントを利用して眼病を予防するのであれば、1日の摂取量に注目して愛飲することが大切です。

 

ルテインはなぜ目に良いのか

 

おすすめは、1日に6mgから10mgほど摂取することです。

 

現在、目に何らかの疾患を抱えているのであれば、20mgを目安に摂取するといいでしょう。

 

ルテインは、脂溶性の成分となっているため、脂を使った料理を進んで摂ることで、より高い効果を得ることができると言われてしまいます。
欠点として体内への吸収率が低い点が挙げられます。

 

体内に吸収されるまでにある程度減少してしまうため、目安量よりも多く摂取することもしっかりと効果を実感できる秘訣です。

 

緑黄色野菜などに多く含まれているので、進んで野菜を食べることが大切ですが、普段の食生活で野菜不足になってしまっている方はサプリメントなどを活用しルテインを意識して摂り入れることをおすすめします。

 

年を重ねてもいつまでも目の健康を守りたい方は実践してみましょう。

確実に摂取するならサプリメントがおすすめ

ルテインは、強い抗酸化作用を持つ天然の黄色の色素です。

 

人参やほうれん草などの緑黄色野菜のほかにもマリーゴールドなどに多く含まれています。

 

目の中にある水晶体や黄斑部のほか、皮膚や大腸などにも存在しています。

 

体内で合成することはできないため、普段の食事やサプリメントなどで意識して摂り入れることが欠かせません。加齢や体内外部のダメージなどにより、ルテインの量は減少してしまうので、意識して摂取することを心がけましょう。

 

現在、日本人が摂取できているルテインの量は、わずか1.5mgほどです。

 

1日の目安摂取量は6mgとなっているため、まだまだ足りません。

 

摂取量不足になってしまうと年齢や性別に関係なく、眼精疲労や眼病などに悩まされてしまいます。

 

食事から進んで補うことも大切ですが、調理における損失や栄養価不足も考えられるため、サプリメントを賢く利用することをおすすめします。手軽に摂取できるので試してみましょう。