ルテインの抗酸化力が目の老化を防ぐ

ルテインの抗酸化力とは

ルテインの抗酸化力が目の老化を防ぐ!

 

パソコンやスマートフォンを使用するのが当たり前となっている現代では、ブルーライトの影響を受ける機会も多いです。

 

そのため、目を酷使することになり、目が疲れやすくなるわけです。この疲労に効果的なのが「ルテイン」です。ルテインはカロテノイドという天然色素に分類される成分です。

 

眼球の水晶体と黄斑部に多く存在していて、強い抗酸化力と有害な光を遮る作用があり、この作用が目にいい効果を発揮してくれます。

 

目から光が入り、目の奥で像を結ぶことで物を見ることができるのですが、目に入る際に光が直接、細胞に当たってしまうと細胞がダメージを受ける危険性があります。

 

有害な光としては紫外線が有名ですが、紫外線よりも青い光(ブルーライト)の方が目に有害で、ルテインの抗酸化力はこのブルーライトから目を守ってくれているのです。

 

また、抗酸化力の効果は紫外線やブルーライトから目を守るだけでなく、目の老化を防いでくれます。

白内障や緑内障の症状を改善する効果がある

ルテインは目を守る役割を担っていますが、体内で生成することはできません。

 

年齢を重ねると共に減少していきます。ルテインが不足すると、白内障や緑内障、加齢黄斑変性症の病気になる危険性が高まります。

 

白内障は水晶体が加齢と共に白く濁っていく病気で、物が見づらくなったり、光を必要以上に眩しく感じたり、昼と夜での見え方が異なるといった症状が現れます。治療法は、眼内レンズをはめ込む手術があります。

 

しかし、手術をしなくても、ルテインを摂取することで、症状が軽くなり視力が回復した例が多数あり、白内障の特効薬になると期待されています。緑内障は眼圧が高まり視神経が圧迫され、徐々に視野が狭まり最悪の場合は失明してしまう病気です。

 

難病とされていて、手術しても症状を緩和できるだけで完全には回復しませんが、ルテインを摂取することで症状の改善があったという例があります。

 

加齢黄斑変性症は網膜の黄斑が老化することで起こる病気です。黄斑は網膜の中央にあり、黄斑が損傷すると物の中心が歪んで見えてしまいます。黄斑部にはルテインが含まれているので、摂取することで発症の可能性が低くなります。

ルテインの1日の摂取量

有害な光から目を保護したり、目の老化による病気を予防・改善する効果があるルテインですが、残念ながら即効性はありません。サプリメント等から摂取したとしても、すぐに目の疲れが解消されたりはしません。

 

ただ、これは他の栄養素にも言えることで、高い抗酸化力があるとされるビタミンEを摂取したからといって、すぐに身体に変化が現れるわけではありません。

 

一般的にはサプリメントの効き目は3ヶ月程度のみ続けてから実感できると言われていて、これは体の細胞が代謝により新しいものになるのに3ヶ月かかることが関係しているのです。

 

体の健康と同様に、目の健康の為にはずっと摂取し続けることが重要となります。また、ルテインの1日の摂取量の目安は、一般の人で6〜10r、既に目に疾患がある人の場合は20r程度とされています。

 

ルティンは脂溶性ですから、脂を使った料理に使用すると効率よく摂取できます。ただし、体内に吸収されるまでに失われてしまう分もあるので、目安量の2倍程度の摂取が望ましいです。緑黄色野菜に多く含まれているので、野菜不足を感じている人はサプリメントを活用して摂取しましょう。